未分類

歩こうとしない子が歩くようになった!!2つの方法を紹介します☆

この記事の筆者
1歳8ヶ月の女の子を子育て中の30代前半の女性M.Mさん

1歳2ヶ月になった娘が、全然歩こうとしてくれなくて私は焦っていました。なぜなら、同じ習い事をしている同年代の子供たちはちらほら歩き始めていたからです。しかし、何を試しても娘は歩こうとしませんでした。

そんな状態から試行錯誤して、なんとか娘に歩いてもらえるようになった体験をこれから紹介していきます。

どうしても歩こうとしない娘

私の娘は、ハイハイができれば移動ができるのだから歩く必要はないと思っているようなふしがありました。たまに伝い歩きはするのですが、すぐにやめてしまいます。

また、歩きはしないのですが立ったまま止まっている姿はよく見かけました。しかし立つだけで歩きたくはないようでした。

最初の頃は、歩き方が分からないから立ち止まっているのだなと思ったので、立っている娘の手を引いて歩く練習をさせてみることにしました。

しかし、少し歩くとすぐ嫌になってしまったようで、座り込んで動かなくなったのです。どうしても歩こうとしない娘の姿を見て、嫌なことを無理強いするのも何か気が引けると歩く練習を強要できない自分がいました。

歩かない我が子が歩くようになった2つの方法
  1. かわいい靴をプレゼントする
  2. そんなある日、娘のためにかわいい靴を買ってあげることにしました。なんとなく、クマのマークがついている紺色のコロンとしたかわいらしい靴を娘にプレゼントしたいと思って購入したのです。

    このプレゼントが、思いもよらない効果を発揮しました。娘がとてもその靴を気に入ってくれたのです。そして、その靴を履かせると嬉しそうに勝手に歩く練習をはじめました。

    お気に入りの靴を履くことによって、歩くことへのモチベーションが上がったようでした。そのため、その靴を履かせて外に連れて行ってあげると、自分から一生懸命歩く練習をするようになりました。

  3. 子供の足を自分の足の上に乗せて歩いてみる
  4. 外で歩く練習をするのなら靴を履かせれば良いということが分かりました。しかし、家にいる時は
どうすれば良いのか分かりませんでした。そんな時、知り合いの子育て中の女性が教えてくれました。

    子供の足を自分の足の上に乗せて、自分が歩いてみると良いということを。

    子供の手を引いて無理に歩かせるよりも、自分が歩いている足の上に子供の足を乗せているので
子供も自動的に歩く感覚を体験できるようになるのです。

    この練習法は、私の娘にはとても効果がありました。この方法が気に入ったので、楽しそうに私と一緒に歩く練習をしてくれるようになりました。

最後に

今回は、歩こうとしない我が娘が歩けるようになった方法の、かわいい靴をプレゼントする、子供の足を自分の足に乗せて歩いてみるという2つを紹介しました。

これらの方法は、うちの娘にはとても有効でした。無理強いしないで、娘自身のやる気を出す方法になったのが結果的に良かったのでしょう。

この2つの方法が、家の娘だけではなく、他の子にも役立つ情報になったら幸いです。自分の子供がなかなか歩こうとしないと悩んでいる方は、ぜひ今回紹介した方法を試してみて下さいね。

関連記事