未分類

寒い夜にはスリーパーを着て寝よう♪ 西松屋「裏ボア付きロングポンチョ」がおすすめ!

この記事の筆者
1歳11ヶ月の女の子を子育て中の30代前半の女性M.Mさん

今回は、おすすめのアイテム「スリーパー」について紹介します。

ちなみに我が家で使っているスリーパーは下記のものです。

商品名:裏ボア付きロングポンチョ(ゾウ柄)
会社:西松屋チェーン

スリーパーとは

冬は、寝る時に特に冷えこみますよね。そんな時に活躍するのが「スリーパー」です。

「スリーパー」とはベビーやキッズ用の寝具のことで、布団とパジャマをかけ合わせたような機能を持っています。

子どもにスッポリとかぶせてファスナーを閉じるだけなので、誰でも簡単に使用することができるでしょう。

一括りに「スリーパー」といっても、袖がついているもの、いないもの、足が露出するタイプ、足元まで覆うタイプなど様々な種類があります。

何歳まで使えるの?

スリーパーは新生児から5歳以上のキッズまで幅広く使用することができます。明確に何歳まで使うという決まりはないので、使いたいと思っている人はのんびり利用してみましょう。

まずは、新生児サイズにピッタリのものを購入するよりも、少し大きめのサイズを選んでおくと良いでしょう。

スリーパーは長く愛用できるアイテムなので、大きめのサイズを選んでおくと長く使用できるので安心です。

子供の寝冷えを防ぐことができる

子供は寝ている時もよく動くので、寝かしつけの時にきちんと布団をかけてもすぐに何もかかっていない状態になってしまうでしょう。

これでは子供の寝冷えが心配になりますね。心配だからといって、親が定期的に起きて布団をかけ直してあげるのも大変です。

子ども自身も寒くて起きてしまったりと、親子そろって睡眠不足になる可能性があるでしょう。そんな時に大活躍するのが「スリーパー」なのです。

スリーパーを着て眠れば、寝ている時に子供が動いても掛け布団のようにめくれません。寝冷えを防いでくれるので、親子そろって安心して眠ることができるでしょう。

我が家で使っているスリーパ「裏ボア付きロングポンチョ(ゾウ柄)」の良い点

1.袖がついていて肩まで暖かい

うちの娘は肩が冷えるとクシャミが出てしまいます。そのため、袖がついているタイプのスリーパーを購入しました。

うちの娘は寝相が悪いので、毛布をかけて眠ってもすぐに何もかかっていない状態になるのです。

しかし、このスリーパーを着て眠るようになってからは、肩や体を冷やさないで眠ることができるようになり助かっています。

2.中面がボア

「裏ボア付きロングポンチョ(ゾウ柄)」は中面がボア素材になっています。そのため着ているととても温く、毛布をかぶっているような感覚になるようです。

モコモコしていてボリュームがあるので、着ていると子供がモコモコの小動物のような感じがしてかわいいですよ。

また、見た目はモコモコしていますが、案外軽いのもこのスリーパーのおすすめの点です。

3.ゾウ柄がかわいい

表面のゾウ柄がかわいいのもこのスリーパーの良い点でしょう。眠る時にかわいい柄のスリーパーを着ている子供を見ると、なんだか癒やされます。

我が家ではゾウ柄のスリーパーを購入しましたが、市販で販売している数多くのスリーパーには、ウサギやクマなどの様々なかわいい模様があしらわれています。

それらの中から、子供が喜んでくれそうな柄を選ぶようにしてみましょう。

最後に

今回は、我が家で使っているスリーパー「裏ボア付きロングポンチョ(ゾウ柄)」について紹介しました。

寒い冬だからこそ、風邪などひかないで安心して眠りたいですよね。そんな時は子供にスリーパーを着せれば、温かいので安心して眠れることが分かりました。

寝相が悪くて元気いっぱいの子供が安心して眠れるように、その子にあわせたスリーパーを選んでみましょう。

関連記事
未分類

2人育てて効果を実感!育児本の理想(生活リズム、食事など)は意識しすぎず、ママが楽に過ごすためのマイルールを作って許してしまおう!

2020年1月26日
たのしく子育て
この記事の筆者 5歳の男の子と1歳の女の子を子育て中のあずみさん。 近年ママの大変さがやっと(?)SNSや世間で広まりつ …
未分類

ゴミ箱を目立たせたくない場所や、風邪や花粉症、子どもの片付けの練習など使い方いろいろ!DAISOの「どこでもペタッとゴミ袋」がとっても便利!

2019年10月22日
たのしく子育て
この記事の筆者 5歳の男の子と1歳の女の子を子育て中のあずみさん。以前保育士として働かれていたこともあり、たくさんの育児用品に助けられたそ …